リーフィアGX(拡張パック ウルトラサン 収録)を考察【ポケモンカード】

リーフィアGX(拡張パック ウルトラサン 収録)を考察

今回は、リーフィアGX(拡張パック ウルトラサン 収録)を解説していこうと思う。

 ■あおばのいぶき
このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。エネルギーがついている自分のポケモン1匹のHPを150回復する
■ソーラービーム 110
■グランブルームGX
自分のベンチのたねポケモン全員からそれぞれ進化するカードを、自分の山札から1枚ずつ選び、それぞれにのせて、進化させる。そして山札を切る。

リーフィアGXの強いところはなんと言っても特性「あおばのいぶき」とGXわざの「グランブルームGX」だろう。

【あおばのいぶき】

  • 特性「あおばのいぶき」はこのポケモンがバトル場に居るなら自分の番に1回エネルギーがついている自分のポケモン1匹のHPを50回復できる。
  • 50だと少なく感じるかもしれないが、エネルギーさえ付いていれば回復対象にできるので、どのタイプのエネルギーにも対応しているのは強い。
  • 更に、ベンチにもう1体リーフィアGXが居ればにげる等を組み合わせて合計100回復も狙える。
  • 打点調整には満足の100回復を上手く使えば毎ターン繰り出せるのは強い。

【グランブルームGX】

  • 効果は、自分のベンチのたねポケモンを山札から進化カードを持ってきて全て進化させる。
  • この性能で必要なエネルギーはなんと草エネルギー1つ。
  • このわざ工夫次第で化け物になると思われる。
  • 進化するカードをそれぞれ1枚ならなんでもいいので、メガシンカポケモンでも可能。
    しかもどっちにしろわざを打ったらターンは終わるので実質的にデメリットなしてメガシンカ出来る。
  • しかも、リーフィアGXの進化元のイーブイ(拡張パック コレクション ムーン 等に収録)の特性で1ターン目から進化できる。
  • なので上手く行けば後攻1ターン目にGXわざ「グランブルームGX」を打ってベンチポケモン全員進化して2ターン目からダメージをどんどん与えていくのも夢じゃない。

 ■とりひき
自分の番に1回使える。自分の手札を1枚トラッシュする。その後、山札を2枚引く。
■ライオットビート 20×
自分の場のポケモンの数×20ダメージ。
■トリックスターGX
相手の場のポケモンが持っているワザを1つ選び、このワザとして使う。

リーフィアGXのデッキを作るとすれば一緒に採用する(進化させる)ポケモンはゾロアークGX(強化拡張パック ひかる伝説 収録)がおすすめ。

通常わざの「ソーラービーム」に必要なエネルギーが草エネルギー1個とダブル無色エネルギー1個で出せる。

なのでゾロアークGXも基本わざは「ライオットビート」でダブル無色エネルギー1個なので構築しやすい。

2ターン目からゾロアークGXの特性「とりひき」が恐らく2回以上は使えると思うので手札も安定し、さらにリーフィアGXの特性「あおばのいぶき」で回復もできる。

使いこなせれば充分つよいだろう。