リザードの効果と能力を解説(ドラゴンストーム)[ポケモンカード]

リザードの効果と能力を解説(ドラゴンストーム)

リザード

  • もえるとうし

    自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。自分の山札をうえから5枚トラッシュし、その中にあるほのおエネルギーをすべて、このポケモンにつける。

  • かえんほうしゃ 80

    このポケモンについているエネルギーを、1個トラッシュする。

RUSH 広告

カード解説

今回は4/6発売の最新弾ドラゴンストームからリザードを紹介する。

特性「もえるとうし」

  • やや扱いにくいが、手札から場に出したときに最大5枚の炎エネルギーを自分に加速することができる。
  • ただ、今回同時に収録されているリザードンは3エネルギーでワザを使うことができるため、
  • そこまでの加速は必要ない。
  • 「リザードンGX」(闘う虹を見たか)や、「リザードン」(20th Anniversary)等のワザを使うために5エネルギー必要なリザードンに進化する場合に採用したい。
  • また、進化してエネルギーを加速した後が無防備になるため、「ミツル」(エメラルドブレイク等)を使ってすぐにリザードンになって攻撃できる態勢を作っておきたい。

ワザ「かえんほうしゃ」

  • 2進化の1進化目にしてはなかなかの威力をもっている。万が一の場合は上記のもえるとうしからこのワザを使うこともあるだろう。

特性がかなり強くなっているが、山札の5枚を指定できないのでややリスキーになっている。

使う場合はエネルギーをかなり多めにするなど、専用のデッキを作っていきたい。