ギャラドスの効果と能力を解説(ドラゴンストーム)[ポケモンカード]

ギャラドスの効果と能力を解説(ドラゴンストーム)

ギャラドス

  • おおあれ

    このポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けた時、自分のベンチポケモン全員に、それぞれダメカンを2個載せる。

  • ワイルドテール 160

    のぞむなら、場に出ているスタジアムをトラッシュする。

カード解説

今回は4/6発売の最新弾ドラゴンストームからギャラドスを紹介する。

特性「おおあれ」

  • バトル場でダメージを受けた時に自分のベンチポケモン全員にダメカンを2個乗せる特性。
  • 一見デメリットのように見えるが、組み合わせによってダメージ元になることができる。
  • 「フワライド」(ウルトラムーン)や、「ゼルネアスGX」(禁断の光)、「ボスゴドラ」(覚醒の勇者)、「エルフーン」(バンデッドリング)等だ。
  • これらのポケモンは自分のポケモンにダメカンが乗っているときにその真価を発揮するが、相手もそれをわかっているのでなかなか思い通りにダメカンを乗せることができない。
  • そこでこの特性を使いながらダメカンを乗せることで、安全に自分のダメカンを操作することができる。
  • もちろんリスクはあるが、上述のワザはどれも強力なものばかりだ。決まればかなりのダメージを相手に与えることができるだろう。
  • 注意しておきたいのはダメカンを「のせる」特性なので、「コイキング」(超次元の暴獣)の特性、もぐるは適応されないことだ。
  • コイキングはHP30なので、ほぼ気絶まで追い込まれてしまう。コイキングを出すタイミングを見計らいながらプレイしよう。

ワザ「ワイルドテール」

  • 3エネで160とかなりダメージがでる。また「アクアパッチ」(アローラの月光)や「カウンターエネルギー」(超次元の暴獣)にも対応しているので、ワザを撃つのは難しくないだろう。
  • このワザで圧力をかけていきながら、特性で後ろのダメカンの準備をしておきたい。

特性はかなり癖があるものの、使い方によってメリットにすることができる。とはいえ自分のポケモンにダメカンが乗っているのには変わりないので、慎重にプレイしていきたい。