ハッサムGX能力と効果を解説(チャンピオンロード)[ポケモンカード]

ハッサムGX能力と効果を解説(チャンピオンロード)

ハッサムGX

  • きけんしょく

    このポケモンの残りHPが「100」以下なら、このポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+80」される。

  • はがねのつばさ 80

    次の相手の番、このポケモンが受けるワザのダメージは「‐30」される。

  • ふりおろすGX 100+

    相手のバトルポケモンが進化ポケモンなら、100ダメージ追加。

RUSH 広告

カード解説

今回は5/3発売のチャンピオンロードから、ハッサムGXを紹介する。

特性「きけんしょく」

  • 自身のHPが100以下でないと発動しない特性だが、相手のバトルポケモンへのワザのダメージが+80される。
  • ピーキーな特性だが、「鋼鉄のフライパン」(ウルトラフォース)や後述の下ワザによってかなりの圧力をかけることができる。また、相手もこの特性を警戒してHPが100以下にならないように調整してくるだろう。
  • その時は「ダメージムーバー」(光る伝説)や、レインボーエネルギーで自分からダメカンを調整してダメージを上げていこう。

ワザ「はがねのつばさ」

  • 鋼無と少ないエネルギーで80ダメージと、かなりコスパのいいワザ。
  • さらに効果で次のターン受けるワザのダメージを-30し、「鋼鉄のフライパン」を付けることで-60に弱点がなくなるという、まさに要塞が完成する。
  • ダメージを受けても残りHPが100以下なら特性で160ものダメージを出すことができ、攻撃的なワザになることができる。
  • 併せて使いたいのは「マギアナ」(GXバトルブースト)や、「マニューラ」(冷酷の反逆者)だ。
  • 「鋼鉄のフライパン」のままだと最大ダメージが160までしか伸びず、微妙に打点が足りない。そこで相手のワザのダメージを受け、HPが100以下になったターンに「マギアナ」の特性「きせかえ」、マニューラの特性「ひっぺがす」で「鋼鉄のフライパン」をこだわりハチマキに変えてしまおう。そうすることでダメージが190まで上がり、多くのタネGXポケモンを倒すことができるようになる。うまく道具とダメージを調整しながら戦っていきたい。
  • さらにダメージが足りない場合は「ダダリン」(アローラの月光等)の採用も考えたい。ダダリンの数だけハッサムGXの火力を上げることができるので、相性は抜群だろう。

GXワザ「ふりおろす」

  • 相手が進化ポケモンなら+100ダメージ。
  • もともとが100なので、200ダメージ、特性が発動していると、280まで出すことができる。
  • 進化ポケモンならほぼ確実に1体倒すことができるだろう。
  • 無色3エネと色の縛りも緩く、「ユニットエネルギー雷超鋼」(ウルトラムーン)とダブル無色エネルギーのデッキができそうな、今から期待の持てるワザだ。

最後に

特性は発動すれば強力だが、それは自身の残りHPが100以下であることを示している。

「鋼鉄のフライパン」を持たせて「はがねのつばさ」を使えば-60で倒すのに160以上のダメージが必要とはいえ、多くのデッキがこの程度の火力を出してくる。ダメージを調整しながらの繊細なプレイングが求められるだろう。