ジュペッタGX+ホワイトキュレムGXデッキのレシピを解説[ポケモンカード]

ジュペッタGX+ホワイトキュレムGXデッキのレシピを解説

デッキ概要

ジュペッタ

ジュペッタ

今回は最新弾のジュペッタGXを使ったデッキレシピを紹介する。

ジュペッタGXの特性、シャドームーブでダメカンを操作しながら、ホワイトキュレムGXの火力で押していく。

必要予算

大まかな必要予算18330円

汎用カードで高いものが多い。ジュペッタGXも発売したばかりなので高めだが、しばらくすれば落ち着いてくるだろう。

デッキの回し方

最初はホワイトキュレムGXにエネルギーを付けていきたい。

うまくエネルギーを付けることができれば、先攻2ターン目でこだわりハチマキいかりのやいばで190ダメージ、ドラゴンノヴァGXで200ダメージ+やけど、マヒを狙うことができる。

その後はダメカンの乗ったホワイトキュレムGXを後ろに下げつつ、ジュペッタGXのシャドームーブでじわじわと回復していこう。

月輪の祭壇、グズマ、かるいしを使えば20ダメージ、30ダメージを乗せ換えることもできる。

ジュペッタGXのかげのじゅもんは最大130ダメージと瞬間火力は出ないが、シャドームーブでダメカンを乗せていくことで数字以上にダメカンを蓄積させていくことができる。

さらに相手の場にダメカンが無くてもレインボーエネルギーを付けることで能動的に相手への10ダメージを確保することができるので、忘れずに特性を使っていきたい。

採用カード紹介

ジュペッタGX

ジュペッタGX

  • 今回のメインアタッカー。

  • シャドームーブによってこのデッキでの微妙に足りない火力を補うことができる。

  • かげのじゅもんはサポートをトラッシュに送らないといけないのでなかなか序盤はダメージが伸びないが、このデッキはバトルコンプレッサーに加えてミステリートレジャーや、ハイパーボールで積極的に手札のサポートをトラッシュに送ることができる。

  • 1進化GX程度ならすぐに2撃で倒すことができるダメージを出すことができるだろう。

  • また、自身に付けたレインボーエネルギーの10ダメカンをすぐに相手に乗せ換えることで、デメリットをメリットに変えることができる。

  • シャドームーブは自身がバトル場にいるときしか使えないので気をつけよう。

  • トゥームハントGXはこのデッキではほとんど使わないが、貴重なリソース確保のワザだ。

  • このデッキは特殊エネルギーに依存しているので、いざとなったら使っていこう。

ホワイトキュレムGX

ホワイトキュレムGX

  • 以前一度紹介したが、今回でさらに使い勝手が良くなった。

  • 自身にダメカンが乗っていなくてもジュペッタGXのシャドームーブで自分、相手のダメカンを操作していかりのやいばで160ダメージを出すことができる。

  • 前述の通り、序盤から火力を出すことができ、積極的にサイドを先制していくことができる。

  • 同じようなワザをもつポケモンにジジーロンGXがいるが、こちらはこだわりハチマキを付けることで190ダメージを出すことができ、さらにドラゴンノヴァGXでほとんどのポケモン達を1撃で倒すことができる。

  • HPも190と高めなので、こちらが準備を終えるまでの壁となってくれるだろう。

ククイ博士

ククイ博士

  • 採用が見送られることが多いカードだが、今回は2枚の採用となった。

  • ジュペッタGXのかげのじゅもんのダメージを伸ばすかさ増しはもちろん、後攻1ターン目からホワイトキュレムGXのひきさくでHP60の相手ポケモンを倒したり、いかりのやいばで180ダメージを出したりと、細かいダメージを調整することができる。

  • 2撃で倒すことができる時に余分なダメカンはジュペッタGXのシャドームーブで動かすことができるので、重宝する場面が多いだろう。

入れ替え候補

このデッキはまだまだ発展途上で、中途半端な採用カードが多い。

入れ替え候補はハイパーボールを削り、3枚目の「こだわりハチマキ」、特殊エネルギーを山札から引いてくることができる「エネくじ」、汎用性の高い「時のパズル」などだろう。

まとめ

このデッキはサイドを先制しながら戦うことが多いが、相手のNで事故ることはほとんどない。

バトルコンプレッサーで不必要なカードは切っていき、さらにサポートの枚数が多いので必要なカードばかりの強い山札になるからだ。

ジュペッタGXの火力はなかなか伸びないが、レインボーエネルギーとシャドームーブでかなり割り増しすることができる。

HPが190と1進化としては物足りないが、ダメージをちょこちょこ移しながら戦うことができるので、2体以上場に出すことができれば、耐久力は一撃で倒されなければある方だろう。

レインボーエネルギーと合わせることができるので、いろいろなタイプとの組み合わせができる。

最適な相方を見つけていきたい。