ツンデツンデGXの効果と能力を解説(裂空のカリスマ)[ポケモンカード]

ツンデツンデGXの効果と能力を解説(裂空のカリスマ)

ツンデツンデGX

■ウルトラウォール

このポケモンがいるかぎり、自分の「ウルトラビースト」全員が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-10」される。

■ギガトンスタンプ 120

■レイGX 50+

自分がすでにとったサイドの枚数×50ダメージ追加。

RUSH 広告

ツンデツンデGX解説

今回は6/1発売の裂空のカリスマからツンデツンデGXを紹介する。

特性「ウルトラウォール」

自分のウルトラビースト全員が受けるダメージが-10される、かなり強力な特性だ。

ツンデツンデGXを複数並べることで-20、30と受けるダメージが下がっていくのでできるだけ並べていきたい。

「ウルトラホール」(ウルトラフォース)で手札に加えることができ、さらに「アズサ」(青い衝撃等)で場に出すこともできるので、並べるのは簡単だろう。

しかし、現在の多くのウルトラビーストデッキはもうすでにツンデツンデGX以外に置きたいポケモンが多くいるので、なかなかベンチにスペースがない。

一番スペースがあるのは「アーゴヨンGX」(ウルトラフォース)だろう。アーゴヨンGX自身も自分のウルトラビーストの数だけダメージが上がるワザを持っているので相性は抜群だ。

組む時はぜひ採用したい。

ワザ「ギガトンスタンプ」

鋼鋼無で120ダメージの中打点でデメリットもない、使いやすいワザ。「ビーストリング」(ウルトラフォース)や、「ドータクン」(THE BEST OF XY等)でエネルギー加速をして使っていきたい。

GXワザ「レイGX」

自分がすでに取ったサイドの枚数×50ダメージを追加。

3枚で200ダメージ、4枚で250ダメージなのでフィニッシャーとして十分な火力を持っている。このワザで試合を決めることも多いだろう。

まとめ

自分のウルトラビースト全員なので、このポケモンにもウルトラフォールの効果が乗る。

実質190以上のHPと連打できる中打点、フィニッシャー性能を持つGXワザと隙のない強力なポケモンだ。

新弾でもぜひゲットしておきたい。