バシャーモGXの効果と能力を解説(裂空のカリスマ)[ポケモンカード]

バシャーモGXの効果と能力を解説(裂空のカリスマ)

バシャーモGX

■きりさく 60

■ばくえんきゃく 210

■ブレイズアウトGX

相手の場のポケモンについているエネルギーを、2個トラッシュする。

バシャーモGX解説

今回は6/1発売の裂空のカリスマからバシャーモGXを紹介する。

ワザ「きりさく」

無色2枚で60ダメージ。

便利な中打点ワザとして活躍してくれるだろう。

ワザ「ばくえんきゃく」

炎炎無で210ダメージと少ないダメージで高火力を出してくれる強力なワザ。

炎エネルギーを2枚トラッシュするデメリットがあるが、炎タイプには「鍛冶屋」(THE BEST OF XY等)のエネルギー加速があり、連打することは難しくないだろう。

210は多くの1進化GXを一撃で倒し、こだわりハチマキを付ければ2進化ポケモンにまで届く大ダメージだ。メインアタッカーとしての活躍が期待できる。

GXワザ「ブレイズアウトGX」

炎1エネルギーで相手のエネルギーを2つトラッシュする。
ベンチを含めてどこでもいいので、相手を効果的に妨害することができる。

まとめ

2進化だが炎タイプのGXなので、「ホウオウGX」(闘う虹を見たか等)のエターナルライトGXでトラッシュから3体並べることができる。

鍛冶屋を駆使すれば最速で後攻1ターン目にバシャーモGXを3体並べることもでき、
さらに「超ブーストエネルギー」(ウルトラムーン)の効果までもっていくことができる。

今後の環境も変える可能性があるほどの強力なポケモンだ。

ぜひデッキを作ってほしい。