ボーマンダの効果と能力を解説(裂空のカリスマ)[ポケモンカード]

ボーマンダの効果と能力を解説(裂空のカリスマ)

ボーマンダ

■りゅうのかぜ

このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。相手のベンチポケモン1匹選び、バトルポケモンと入れ替える。

■ドラゴンクロー 100

RUSH 広告

ボーマンダ カード解説

今回は6/1発売の裂空のカリスマからボーマンダを紹介する。

特性「りゅうのかぜ」

自分の番に一回、バトル場にいるとき、相手のベンチポケモンをバトル場と入れ替えることができる、「フラダリ」(ワイルドブレイズ等)や、「ルガルガンGX」(アローラの月光等)と同じ効果。

しかし、この2つと違い、ボーマンダは毎ターン使いことができるので倒したいポケモンを確実に呼び出すことができる、強力な特性だ。しかし、バトル場にいるときだけなので、注意して使っていきたい。

ワザ「ドラゴンクロー」

「ダブルドラゴンエネルギー」(エメラルドブレイク等)や、ダブル無色エネルギーに対応してはいるが、100ダメージと4エネルギーにしては物足りない火力。

できればエネルギーを貼ってまで使いたくはない。

まとめ

特性がバトル場にいるときだけなので、「かるいし」(青い衝撃等)や、「ボーマンダGX」(ドラゴンストーム)、「サザンドラEX」(エメラルドブレイク等)を2体以上並べるなど、逃がすために一工夫必要だ。

倒された後のカウンターとして、前に出してからりゅうのかぜで相手のポケモンを呼び出し、逃げてからほかのポケモンで倒すのがいいだろう。

ワザはいまいちだが、特性が強力。2進化と出しにくく見えるが、「ワタル◇」(ドラゴンストーム)を使えばデッキから直接ベンチに出すことができる。

ワタル◇を採用するデッキに検討したいポケモンだ。