ヌケニンの効果と能力を解説(フェアリーライズ)

ヌケニンの効果と能力を解説(フェアリーライズ)

ヌケニン

■いのちのうつわ

自分の番に1回使える。このポケモンについているカードをすべてトラッシュし、このポケモンを「ポケモンのどうぐ」として、自分のポケモンにつける。このカードをつけているポケモンがきぜつしたとき、相手がとるサイドは1枚少なくなる。

■のろう

相手のバトルポケモンに、ダメカンを3個のせる。

RUSH 広告

カード解説 ヌケニン

今回は8/3発売のフェアリーライズからヌケニンを紹介する。

特性「いのちのうつわ」

自分の番に1回、このポケモンについているすべてのカードをトラッシュし、「ポケモンのどうぐ」として自分のポケモンに付ける。

このカードを付けているポケモンがきぜつしたとき、相手が取るサイドは1枚少なくなる。
BWの「いのちのしずく」(ライデンナックル)と同じ効果を持つ。

特に非GX・EXに付けた場合はサイドを取られる枚数が0になり、理論上サイドを取られないデッキを作ることも可能だ。

また、進化前で同時収録の「ツチニン」が草タイプなので、「巨大植物の森」(バンデットリング等)で1ターン目から場に出すこともできる。さまざまな可能性を秘めた特性だ。

ワザ「のろう」

相手のバトルポケモンにダメカンを3個乗せる。使うことはほとんどないだろうが、一応無色エネルギー1枚でダメージを出すことができる。