【ウインディ+エンニュート】新弾バトルの優勝デッキレシピを解説!

ウインディ+エンニュート

デッキ解説

今回は最新弾からウインディとエンニュートを使った新弾バトル優勝デッキを紹介します!

ヒートファクトリー◇とエンニュートのあぶりだすでトラッシュした炎エネルギーを、ウインディのグランドフレイムで回収していく。一撃目は溶接工と手張りでグランドフレイム、あとはベンチのポケモンにどんどんエネルギーをつけていこう!

必要予算

大まかな必要予算11810円

デッキの回し方

溶接工でウインディを育てながら、ベンチではエンニュートの準備。あぶりだすで炎エネルギーをトラッシュして、グランドフレイムでベンチポケモンにつけていこう。

余裕ができたらジャッジマンで相手の手札をかき混ぜていく。こちらはエンニュートとヒートファクトリー◇でドローすることができるので、必要なカードはどんどん引くことができるだろう。

ハイパーボールと火打石、エンニュートやヒートファクトリー◇で手札をトラッシュするカードが多い。こちらのリソースに気をつけつつカードを切っていきたい。

採用カード紹介

ウインディ

ウインディ

このデッキのメインアタッカー。溶接工と手張りで起動することができ、多くのポケモンを2撃で倒すことができる中打点+エネルギー加速ワザど、高火力ワザを兼ね備える。HPが若干低いので、うまく後続を育てていきたい。

エンニュート

エンニュート

攻撃はしないが、このデッキの屋台骨。炎エネルギーをトラッシュして3枚引くことができ、さらにトラッシュしたエネルギーをウインディのグランドフレイムで加速することができる。安定した戦いをすることができるようになる。

レシラム&リザードンGX

レシラム&リザードンGX

ウインディが4体倒されたとしても、まだ勝負は続いているので、終盤にウインディが尽きてしまった場合のアタッカーとして採用。グランドフレイムと溶接工で育てていく。基本的には場に出さない。

 

最後に

入れ替え候補はこちら今回はグランドフレイムを中心に使うので、必要ないと感じて採用しなかった「炎の結晶」

炎の結晶

スタジアムとしてこちらはデメリットを受けない

「無人発電所」

無人発電所

などだ。特に炎の結晶はエネルギー管理がシビアなのでぜひ採用したい。

また、特性ホットポイズンを持つエンニュート

エンニュート

エンニュートGX

エンニュートGX

も強力なので、火力が足りないと感じたり、後半のアタッカー不足で勝ちきれない場合は採用していきたい!