ウルトラサンよりディアルガGXの効果・能力が判明したので考察【ポケモンカード速報】

ディアルガGX 効果・能力が判明

■自分手札が6枚になるように、山札を引く
■このワザのダメージは、相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない
■この番が終わったら、もう1回自分の番を始める。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない]

今回は拡張パック「ウルトラサン」よりディアルガGXを紹介。
通常わざは鋼エネルギー1枚で手札補充と、鋼無無で効果無効80ダメージ。

そしてGXわざ「タイムレスGX」は150ダメージと追加効果がターン追加。

このカードには色々突っ込みたいところがあるが、注目すべきところはやはりGXわざの「タイムレスGX」だろう。

遂にポケモンカードでお手軽追加ターンができるようになってしまった。これには某ドラゴンもびっくりだ。

擬似的追加ターンを取得していたディアルガLvX(構築スタンダードデッキ ディアルガLvX等に収録)のポケパワー「タイムスキップ」はコイントスが絡んでいる運ゲーだったのに対し、ディアルガGXはわざが打てれば確実に追加ターンを得られる。

わざとサポートが自分のターンに2回打てるようなもんなので、どんどん相手との差を広げていこう。

だが、150だと、GX級ポケモンは一撃ではなかなか倒れない。なので、こだわりハチマキ(強化拡張パック サン&ムーン等に収録)を付けて打点30アップをしたり、サポートの効果などで威力を上げておいた方が良さそうだ。

いくら追加ターンを得れるとはいえ、わざ「ひきさく」のダメージが80なので、「タイムレスGX」を打った次のターンに後続のポケモンと入れ替えた方がよさそうだ。

自身がドラゴンタイプなのに、わざに必要なエネルギーが鋼で統一されているところも結構ありがたい。

難点と言えば「タイムレスGX」を打つのに鋼エネルギーが3つ必要なので若干遅いというところか。

この点は、ドータクン(ハイパーメタルチェーンデッキ60等に収録)の特性「メタルチェーン」や、ジバコイル鋼(拡張パック ウルトラサン収録)の特性「マグネサーキット」とテンガン山(拡張パック ウルトラサン収録)等を組み合わせて、エネルギー加速をしていこう。
「タイムレスGX」を打った後はディアルガGXは高火力のわざを打てないので、後続としてネクロズマたそがれのたてがみGX(ウルトラサン収録)や、ソルガレオプリズムスター(拡張パック ウルトラサン収録)等を育てながら戦えるように構築した方が良さそうだ。

デッキ構築が鋼を含むことになりそうなので、アカギプリズムスター(拡張パック ウルトラサン収録)も充分に採用が見込める。

ディアルガGXが出たのだから、パルキアGXが「拡張パック ウルトラムーン」に収録されるのを期待しても良さそうだ。

余談だが1つ目のわざ「クロックアップ」で天の道を往き、総てを司る男を思い出してしまったのは私だけでは無いはず。

そして次元の超越やらボルバルさんやらを連想したのも私だけではないはず…