【2000円から組める初心者向けデッキレシピ 超1】を解説[ポケモンカード]

【2000円から組める初心者向けデッキレシピ 超1】を解説

RUSH 広告

デッキ概要

超1

超

今回は7/13発売のGXスタートデッキ超ミュウツーを4つ使った初心者向けのデッキレシピを紹介する。

デッキの回し方

序盤はミュウツーGXのフルバースト、ラティオスのブレイクスルーで戦いながら相手に圧力をかけていこう。

そのままミュウツーGXが残るならちょうきゅうしゅうやサイコブレイクGXにつなげてもよし、残らないならミミッキュのまねっこを準備してカウンターに備えよう。

エネルギーを加速させる手段はないが、月輪の祭壇とエネルギーつけかえで柔軟に動くことができる。

場のエネルギーを温存しながら適格にエネルギーを残していこう。

採用カード紹介

ミュウツーGX

ミュウツーGX

1エネルギー、2エネルギー、3エネルギーで動くことができ、フルバーストはちょうきゅうしゅう以上のダメージを出してくれる場合がある。

ミュウツーGXを出したばかりでも、エネルギーつけかえを使うことでいきなりワザを使うことができる。

また、このデッキの最高打点であるサイコブレイクGXを使えばほぼサイドを取ることができるので、ここぞという時に取っておこう。

ラティオス

ラティオス

序盤にダメージばらまいてくれる。HPも110と高く、急にダメージを上げることができないこのデッキに非常にあっている。

相手のアタッカーを狙いながら、中盤、後半のミュウツーGXにつなげていきたい

ミミッキュ

ミミッキュ

相手依存ではあるが、こちらもダメージを出してくれる可能性がある。

また、くすねるも強力なドロー効果だ。あまり相手に見せずに手札に温存しながら、エネルギーつけかえと一緒に相手の意表を突きたい。

ゴチルゼル

ゴチゼル

相手のバトルポケモンと付いているエネルギーの数が同じなら130ダメージ。

基本的には2エネルギー付いた相手を狙っていくことになる。また、1エネルギーワザのトラクタービームもラティオスのブレイクスルーでダメカンを蓄積させた相手のポケモンを引っ張ってくることができる。活用していこう。

採用しなかったカード

ソーナンス

強力なワザを持つが、3エネルギーと使いにくく、ワザのダメージも相手依存で安定しないので不採用。

ニャスパー

SMで2種類出ており、どちらが収録されるのか不明のため不採用。ゴチルゼルが使いにくい場合はこちらの採用もあり。

マーイーカ

進化前であり、特に強いワザもないので不採用。

コスモッグ

進化前であり、特に強いワザでもないので不採用。

ヤレユータン

SMで3種類でており、どれが収録されるのか不明のため不採用。

特性「さいはい」をもつヤレユータンの場合は今回採用しなかった「イリマ」、「ジャッジマン」とともに採用したい。

ジャッジマン

自分、相手ともに手札を戻して4枚になるように引くサポート。上述のさいはいを持つヤレユータンなら採用し、相手の手札を減らしながらこちらはさらにドローすることができるが、今回は不採用。使う場合はさいはいをもつヤレユータンと一緒に採用したい。

イリマ

コインを投げ、相手が裏、自分が表なら大きなアドバンテージを得ることができるが、リスクも大きく、安定しないため不採用。コインに自身がある人は採用しよう。

また、ジャッジマンと同じでさいはいのヤレユータンと一緒に採用すれば、自分のコインで裏が出た時でもそこからドローすることができる。その場合は採用したい。

ポケモンいれかえ

今回は月輪の祭壇の効果で超エネルギーを付ければすべてのポケモンの逃げるエネルギーを0にすることができるので不採用。

ダブル無色エネルギー

ラティオスのブレイクスルーを1ターンで使えるようになるが、ほかのポケモンのエネルギーにあっておらず、エネルギーつけかえでつけかえることもできない。このデッキにはあっていないので不採用。序盤、よりラティオスで攻めたい場合は採用しよう。

最後に

序盤から中盤にかけてトリッキーなワザをもつポケモンが多い。

このデッキのカギは月輪の祭壇とエネルギーつけかえだ。うまくポケモンをいれかえながら、相手に合わせてアタッカーを変えていこう。特にミミッキュは相手が強力なワザを出してきた次のターンに一気にワザを返すことができる。

うまく試合に組み込んで流れを引き寄せよう。

ここまで、このGXスタートデッキのみのカードで組むことができるデッキを紹介した。

次回はさらに一歩進んで、このデッキをさらに強くすることができる、相性のいいカードと、それらを使ったデッキレシピを紹介する。