【GXスタートデッキ鋼メタグロスを更に強化! 鋼2】を解説

【GXスタートデッキ鋼メタグロスを更に強化! 鋼2】を解説

RUSH 広告

デッキ概要

鋼2

今回は7/13発売のGXスタートデッキ鋼メタグロスを4つ使ったデッキレシピをさらに強化したデッキレシピを紹介する。

前回はGXスタートデッキのカードだけを使ってデッキを作ったが、それからさらにカードを足して、強化したデッキレシピを紹介する。

デッキの回し方

メタグロスGXはそれ自体がエネルギー加速とアタッカーをこなすことができるので大きくポケモンは変えなかった。

メタグロスGXを1体、できれば2体場に出すことができれば一気に試合を有利にすることができるだろう。

また、このデッキはなかなか火力を出すことができないが、まんたんのくすりで耐えながら、2撃で確実にサイドを取っていきたい。

採用候補

「カミツルギGX」(覚醒の勇者)

カミツルギGX

今回はアタッカーではなく、より試合を有利に進めるためのポケモンとして採用。

特性「きりすてる」は特殊エネルギーを場に出すだけでトラッシュすることで相手の行動を1ターン遅らせることができ、スラッシュGX最後のサイド1枚を簡単に取ることができる。

どちらも積極的に使ってより試合を有利にしていきたい。

「ネクロズマたそがれのたてがみ」(ウルトラフォース)

ネクロズマ

上ワザのたそがれのだんがんは、ポケモンGX・EX限定ではあるものの、ベンチポケモンを含めてダメージを与えることができる。

メタグロスGXだけでは倒しきれなかった相手ポケモンをピンポイントで狙って倒していこう。また、ラスティネイルは相手のサイドが残り1枚なら200ものダメージを出すことができる。

序盤、中盤、終盤、すべての場面で活躍してくれるだろう。

「日輪の祭壇」(サン&ムーン等)

日輪の祭壇

お互いの炎、鋼ポケモンの弱点をすべてなくしてくれる。

もともとメタグロスGXのジオテックシステムでトラッシュの鋼エネルギーは再利用することができる。

テンガン山の代わりによりメタグロスGXが倒されにくくなるために採用。

「まんたんのくすり」(サン&ムーン等)

まんたんのくすり

メタグロスGXのHP250を一撃で倒すことができるポケモンは少ない。

また、ギガハンマーを連打することができないので、エネルギーを切って逃がすことも多いだろう。

そこで、まんたんのくすりを使い、ジオテックシステムでエネルギーを付けなおすことで、さらに盤面を有利にすることができる。

終盤は残りのまんたんのくすりの枚数うぃ気にしながら、どうすれば負けないのかを考えて戦っていきたい。

「シロナ」(ウルトラムーン等)

シロナ

SMの強力なドローサポート。

一気に手札を入れ替えることができるので、カードを使い切ってからシロナを使ってさらに展開していこう。

「グズマ」(光を喰らう闇等)

グズマ

ポケモンキャッチャーではコインを投げるので、確実に相手のポケモンを呼び出すことができない。

グズマはサポートではあるが、確実に相手のポケモンを呼び出すことができ、さらにポケモンいれかえの代わりになることができ、両方のカードの代わりとして使うことができる。

最後に

鋼タイプは耐久性。巨大なHPと特性のエネルギー加速で不利な状況からでも場に出してしまえばどんどん盛り返すことができる。

辛抱強く、最後まで勝ちをあきらめないような戦い方をしていきたい。

もちろん、組み合わせは無限にあり、ここで紹介していないが相性のいいカードもたくさんある。

自分だけのデッキに仕上げていってほしい。