【GXスタートデッキ悪イベルタルをさらに強化! 悪2】を解説

【GXスタートデッキ悪イベルタルをさらに強化! 悪2】を解説

デッキ概要

悪

悪

今回は7/13発売のGXスタートデッキ悪イベルタルを4つ使ったデッキレシピをさらに強化したデッキレシピを紹介する。

前回はGXスタートデッキのカードだけを使ってデッキを作ったが、それからさらにカードを足して、強化したデッキレシピを紹介する。

デッキの回し方

相手を見ながら、特性を使うデッキの場合はマニューラ、特性を使わないデッキに対してはイベルタルGXとシルヴァディGXを中心に攻めていこう。

また、変わらずクラッシュハンマーが入っているので、相手のエネルギーを割って遅らせながらより有利に試合を進めていきたい。

シルヴァディGXのジャイロユニットが働いていても、進化ポケモンであるマニューラはもちろん、シルヴァディGX自身も逃げるエネルギーがなくならない。

特にシルヴァディGXの逃げるエネルギーは2とダブル無色エネルギーを付けないと逃げることができない。注意して場に出そう。

採用候補

「シルヴァディGX」(覚醒の勇者等)

シルヴァディGX

前回は進化しなかったので採用しなかったが、タイプ:ヌルと一緒に採用。

特性「ジャイロユニット」でたねポケモンの逃げるエネルギーをなくし、足回りをよくすることができる。

また、ターボドライブはダブル無色エネルギーに対応していて、自分のベンチポケモンにエネルギーを加速することができる。置物というよりは、積極的に前に出て攻撃していきたい。

「マニューラ」(ウルトラサン)

マニューラ

同じく前回は採用しなかったニューラと一緒に採用。

ワザ「あくのいましめ」は相手の場に特性を持つポケモンの数だけ火力が飛躍的に上がっていく。

悪エネルギー1枚でワザを使うことができ、相手が特性を持つポケモンを多く場に出してきた場合はどんどん準備してワザを撃っていきたい。

こだわりハチマキ「サン&ムーン等」

こだわりハチマキ

火力の全体的な底上げに採用。

特に、相手の場に特性を持ったポケモンが3体いる場合にマニューラのあくのいましめ、こだわりハチマキ、喰いつくされた原野で

(50×3+30+10=)190ダメージ

を出すことができ、多くのたねGXポケモンを倒すことができる火力まで上げることができる。試合中も意識して使っていきたい。

「シロナ」(ウルトラムーン等)

シロナ

SMの強力なドローサポート。

一気に手札を入れ替えることができるので、カードを使い切ってからシロナを使ってさらに展開していこう。

「グズマ」(光を喰らう闇等)

グズマ

ポケモンキャッチャーではコインを投げるので、確実に相手のポケモンを呼び出すことができない。グズマはサポートではあるが、確実に相手のポケモンを呼び出すことができ、さらにポケモンいれかえの代わりになることができ、両方のカードの代わりとして使うことができる。

最後に

悪タイプは攻撃性。ポケモン、カード同士の相性が特別いいわけではないが、様々な方法で火力を上げ、相手を倒すことができる。

相手にあった方法でダメージを出しながら、サイドを取っていこう。

もちろん、組み合わせは無限にあり、ここで紹介していないが相性のいいカードもたくさんある。

自分だけのデッキに仕上げていってほしい。