【ジージーエンド】ヒードランGXの効果と能力を解説!

ヒードランGX

■バーニングロード
自分の番に、このポケモンがベンチからバトル場に出たとき、1回使える。自分の場のポケモンについている炎エネルギーを好きなだけ、このポケモンにつけ替える。

■ばくねつスタンプ   130

■ヒートボンバーGX   50×
このポケモンについている炎エネルギーの数×50ダメージ。

 

カード解説

今回は4/5発売のジージーエンドからヒードランGXを紹介します!

■特性「バーニングロード」

ベンチから場に出したとき、自分の場の炎エネルギーを好きなだけこのポケモンにつけかえる。一気にヒードランGXを起動させることができる。エネルギーを動かし続けることで

「アセロラ」(フルメタルウォール等)

アセロラ

で手札にもどしてもエネルギーを盤面に残すことができるので、一緒に使っていきたい。同じような特性を持つ

「カプ・コケコGX」(GXバトルブースト等)

カプ・コケコGX

とは違い、1体ではすぐに起動することができず、自分のポケモンがきぜつしたときにバトル場に出しても特性は発動しないので

「ポケモンいれかえ」(超爆インパクト等)

ポケモンいれかえ

などを使ってバトル場に出していこう。

■ワザ「ばくねつスタンプ」

炎炎無で130ダメージ、特性のバーニングロードで一気にエネルギーをつけることができるので、エネルギーの重さは気にならない。

「レシラム&リザードンGX」(ダブルブレイズ)

レシラム&リザードンGX

を筆頭に大味な火力が中心だった炎ポケモンの、安定したアタッカーになってくれるだろう。

■GXワザ「ヒートボンバーGX」

このポケモンについている炎エネルギーの数×50ダメージ。特性のバーニングロードで一気にエネルギーをつけることができるので、場のエネルギーを大量につけての大火力を狙うことができる。炎デッキのGXワザ枠として活躍できるだろう。

最後に

強力な特性、使いやすいワザを持つ。特にヒートボンバーGXは、炎デッキからいきなり出てきて大火力を出すことができる。今後要注意のポケモンになりそうだ。