アリアドス+エンニュートデッキをご紹介[ポケモンカード]

アリアドス+エンニュートデッキをご紹介

RUSH 広告

デッキ概要

アリアドス

アリアドス

今回は最新弾のアリアドスを使ったデッキレシピを紹介する。

エンニュートの特性、ホットポイズンでどく、やけどにしつつ、アリアドスのどくへんげでのダメージアップを狙っていく。

必要予算

大まかな必要予算12730円

汎用カード以外の値段はほとんどしない。

また、SMで同じ名前で何度も収録されているポケモンも多いので、作るのは簡単だろう。

デッキの回し方

最初のターンはアズサやレベルボールから進化前のイトマル、ヤトウモリをベンチに置いておきたい。

基準にしたいダメージはエンニュートのホットポイズンでのどく+やけど+アリアドスのどくへんげ+こだわりハチマキ

(10+20+50×2+20+30=)の180ダメージだ。

最大ダメージはこれにウツロイドGXの特性、うつろなひかりのこんらんを含めた230ダメージだが、なかなか出すことは難しいだろう。

エンニュートのホットポイズンは手札から出したときに一回のみだが、退化スプレーを使うことで、次のターン以降のホットポイズンを使うことができる。

手札にあれば、積極的に使ってヤトウモリに戻しておこう。

また、このデッキにはミュウとジュカインEX、アリアドス(どくのす)のサブプランもある。

ホットポイズンの準備がしきれなかったときに狙っていこう。

こちらは同じホットポイズンとこだわりハチマキで190ダメージを出すことができる。

次元の谷とジュカインEXを用意すれば草エネルギー1枚でミュウがアサシンクローを使うことができるので、相手に合わせてどちらを主体で戦うのか見極めていこう。

採用カード紹介

アリアドス

アリアドス

  • このデッキのメインアタッカー。相手にかかっている特殊状態の数だけ威力の上がる珍しいワザを持っている。

  • また、下ワザのスパイダートラップが時間稼ぎとして非常に優秀で、こちらの準備が間に合わない場合に相手を止めることができるだろう。

  • HPが70とかなり心もとないが、倒されたとしてもこちらはセンパイとコウハイなどを使って1エネルギーで次の攻撃につなぐことができる。

  • 常に次のポケモンを準備しながら戦っていこう。

エンニュート

エンニュート

  • 特性のみでどく、やけど計30ダメージを相手に与えることができる。

  • 手札から進化したときのみなので、退化スプレーなどを使わないと毎ターン使うことは難しいが、それでも強力な特性だろう。

  • ダメージではなく特殊状態なので、相手がきぜつしなかった場合でも、ポケモンチェックでさらにダメージを乗せることができる。かなりいやらしい特性だ。

ミュウ、ジュカインEX

ミュウ

  • 今回はどくと相性のいいポケモンとして、XYで一時期流行ったミュウ+ジュカインEXの組み合わせを採用した。

  • 相手がどく状態なら70ダメージを追加するアサシンクローを次元の谷を貼ることによって、ミュウが草1エネルギーで使うことができる。

  • アリアドスのどくのすを使うことで、毎ターン相手をどくにすることもでき、相性のいい組み合わせになっている。

入れ替え候補

入れ替え候補としては、サブプランであるミュウ、ジュカインEX、次元の谷をごっそり抜いて、よりアリアドスのどくへんげに特化させることだろう。

候補は確定で相手のみ手札から進化したときにマヒにさせる「ライチュウ」、お互いではあるが、こちらも確定で毎ターンねむりにすることができる「スリーパー」だろう。

毎ターンねむりにするのは強力だが、お互いなので、こちらはグズマか、進化、または「カオスタワー」を貼るなどの一手間加えなければ攻撃することができない。

デッキスペースと相談しながら、どちらにするのか決めていこう。

デッキの弱点

このデッキの最大の弱点は「オカルトマニア」だ。

特性を使わなければ特殊状態にすることができず、ダメージを伸ばすことができない。

スパイダートラップなどを駆使して何とか特性を使えないターンをやりすごそう。

今回は草エネルギーで統一したが、アリアドスのどくへんげ自体は無色エネルギー1枚なので、どの色とも組み合わせることができる。

現状、GX技が空いているので、ほかの色と組み合わせるのも面白いだろう。