ライボルトの効果と能力を解説(裂空のカリスマ)[ポケモンカード]

ライボルトの効果と能力を解説(裂空のカリスマ)

ライボルト

■ボルトスタート

自分が後攻プレイヤーなら、対戦準備でポケモンを場に出す時、このカードを手札からウラにして出してもよい。

■ダブルチャージ 40

のぞむなら、自分の手札にある基本エネルギーを2枚まで、ベンチのポケモン1匹につける。

ライボルト カード解説

今回は6/1発売の裂空のカリスマからライボルトを紹介する。

特性「ボルトスタート」

「ファイアロー」(爆熱の闘士)を思い出す特性だが、こちらは後攻プレイヤーの場合のみウラにして出すことができる。また、ファイアローと違い、バトル場だけでなくベンチにも出すことができるので、初手に引くことができれば2体目、3体目と出すことができる。

後攻から自分の盤面を作っていくことができる珍しいカード特性だ。

しかし、わざわざじゃんけんに勝って後攻を選択するほどではなく、基本的には先攻を選択し、先攻2ターン目から進化していったほうがいいだろう。

ワザ「ダブルチャージ」

雷1エネルギーで40ダメージ。さらに手札の基本エネルギーを2枚までベンチポケモンに付けることができる。

同時収録の「レックウザGX」と合わせて使っていきたい。

まとめ

逃げるエネルギーが0と動きやすく、後攻からでもダブルチャージを撃つことができる可能性があるのが魅力的だ。

雷エネルギーを採用するデッキにはぜひ入れておきたい。