メタグロスの効果と能力を解説(裂空のカリスマ)[ポケモンカード]

メタグロスの効果と能力を解説(裂空のカリスマ)

メタグロス

■エクステンド

このポケモンがバトル場にいるかぎり、自分の「ダイゴの決断」を使っても、自分の番は終わらない。

■コメットパンチ 60

次の自分の番、このポケモンの「コメットパンチ」のダメージは「+60」される。

メタグロス カード解説

今回は6/1発売の裂空のカリスマからメタグロスを紹介する。

特性「エクステンド」

バトル場にいるとき、自分の「ダイゴの決断」を使っても自分の番が終わらなくなる。

「ダイゴの決断」はデッキから好きなカード3枚を手札に加える強力なサポートだが、自分の番が終わってしまう大きなデメリットがあった。

それを解消してくれるので、一度メタグロスをバトル場に出して「ダイゴの決断」を使い始めることができれば、すぐさま2体目、3体目のメタグロスを準備することができるだろう。

ワザ「コメットパンチ」

鋼1エネルギーで60ダメージ、次の番からのコメットパンチのダメージが+60されて120ダメージになる。鋼1エネルギーで2ターン目から中打点を出すことができる。

まとめ

ウルトラムーンの「シロナ」を思い出すようなコンボデッキを作ることができる。

HPが170と高く、比較的場に残りやすい。「ダイゴの決断」デッキの強力な円滑材になってくれる。