【2000円から組める初心者向けデッキレシピ 闘1】を解説

【2000円から組める初心者向けデッキレシピ 闘1】を解説

デッキ概要

闘1

闘1

今回は7/13発売のGXスタートデッキ闘ルガルガンを4つ使った初心者向けのデッキレシピを紹介する。

デッキの回し方

序盤からせせらぎの丘を使ってイワンコを準備、先攻、後攻2ターン目からルガルガンGXに進化して特性、ブラッディアイで相手のベンチポケモンを進化する前に引きずり出して、どんどんサイドを取っていこう。

あまりダメージは出ないが、進化前のポケモンから倒していくのであまり大きなダメージは必要ない。クラッシュハンマーと合わせて相手の戦略をずたずたにしていこう。

採用カード紹介

ルガルガンGX

ルルガンGX

特性のブラッディアイが非常に強力。相手のベンチポケモンをバトル場に出し、進化前のポケモン、エネルギーを付けて準備をしているポケモンを次々に倒していくことができる。

また、デスローグGXはこのデッキで一番火力が期待できるワザだ。使いどころを見極めながら、相手のポケモンを確実に倒したい。

ナゲツケサル

ナゲツケサル

自分のベンチのナゲツケサルの数だけダメージが上がっていく。イワンコの次にベンチに並べておきたい。ダブル無色エネルギーで火力を出すことができ、ルガルガンGXのブラッディアイとの相性もいい。ベンチスペースを考えながらせせらぎの丘で並べていこう。

ジガルデ

ジガルデ

やや時間はかかるが、高めのHPと使いやすいワザを持つ。あまり必要ないだろうが、時間稼ぎとして、サイド落ちがひどい場合などに動かしていこう。

グライオン

グライオン

このデッキで唯一基本闘エネルギー1枚でワザを使うことができる。相手のポケモンがダメージを受けていないと使うことができないが、闘エネルギー1枚でかなりのダメージを出すことができる。ダブル無色エネルギーが引けなかった場合に動かしていこう。

採用しなかったカード

ソルロック

使いやすいワザ2つを持つが、主にルガルガンGX、ナゲツケサルで十分と判断したので不採用。闘エネルギー1枚でワザを撃つことができるので、グライオンが使いにくいと感じたら採用もあり。

リオル

進化前であり、特に強いワザもないので不採用。

ルチャブル

下ワザがやや使いにくい。非GXのアタッカーとしてナゲツケサル、ジガルデを採用してるので不採用。

キテルグマ

SMで6種類でており、どれが収録されるのか不明のため不採用。

バッフロン

ダブル無色エネルギーでワザを使うことができ、使いやすいが、せせらぎの丘でサーチができないなどの欠点のため不採用。下ワザのつきくずすはスタジアムをトラッシュすることができる追加効果があるが、こちらはせせらぎの丘が4枚はいっているのでだいたい相手のスタジアムはトラッシュすることができているだろう。

ジャッジマン

自分、相手ともに手札を戻して4枚になるように引くサポート。相手の手札を入れ替えることができるが、相手は4枚+最初のドローで5枚、自分は4枚になっている。基本的に相手のほうが枚数的に有利になってしまうカードなので不採用。

イリマ

コインを投げ、相手が裏、自分が表なら大きなアドバンテージを得ることができるが、リスクも大きく、安定しないため不採用。コインに自身がある人は採用しよう。

きずぐすり

回復効果は活きる場面と活きない場面の差が激しい。使うことができない場合はリーリエのドローの邪魔になったりするので、今回は不採用。

ネストボール

今回はせせらぎの丘ですべてのたねポケモンをサーチすることができる。まったく必要がないので不採用。

最後に

ベンチに並べておきたいポケモンばかりだ。まずはイワンコ、エネルギーが追い付かないようならナゲツケサル、グライオンと盤面を見ながらせせらぎの丘で準備するポケモンを慎重に選んでいこう。

基本的にはルガルガンGXのブラッディアイを主軸に相手のポケモンが育つ前に倒していこう。こちらは中打点のポケモンばかりだが、ぶブラッディアイとクラッシュハンマーでうまく相手の計画を崩していこう。
ここまで、このGXスタートデッキのみのカードで組むことができるデッキを紹介した。

次回はさらに一歩進んで、このデッキをさらに強くすることができる、相性のいいカードと、それらを使ったデッキレシピを紹介する。