【メタグロスGX+ウルトラネクロズマGX】デッキを解説!(SMレギュレーション)

【メタグロスGX+ウルトラネクロズマGX】デッキを解説!(SMレギュレーション)

RUSH 広告

デッキ解説

メタグロスGX+ウルトラネクロズマGX

今回はメタグロスGXを使ったデッキレシピを紹介する。

メタグロスGXの特性、ジオテックシステムで自身を含めた様々なアタッカーを動かして臨機応変に戦っていく。メタグロスGXの火力は150と少々低く、次のターンにギガハンマーを使うことができないデメリットがあるが、高いHPと優秀な特性で場を制圧していく。

必要予算

大まかな必要予算15730円

ウルトラシャイニーの発売でぐっと値段が下がった。これを機にいろいろなデッキを作ってみよう。

デッキの回し方

まずは核となるメタグロスGXを準備していこう。その間はネクロズマたそがれのたてがみや、ミミッキュで場を濁そう。

メタグロスGXは複数体準備しなければスムーズに動くことができないので、1体しか準備できなかった場合はアルゴリズムGXを使って2体目、3体目の準備をしていこう。

メタグロスGXを複数体出すことができれば、ギガハンマーの連打、ウルトラネクロズマGXの超火力、ミミッキュの奇襲と、幅広くワザを使うことができる。

戦況に合わせてワザを使っていこう。また、ギガハンマー主体で戦う場合はGX相手だと火力が足らない。ネクロズマたそがれのたてがみで60ダメージを置いてからギガハンマーを使ったり、後々ウルトラネクロズマGXのめつぼうのひかりGXで倒すなどのプランを考えながらプレイしていこう。

スタジアム枠として月輪の祭壇が入っているが、場合によっては逃げるためにエネルギーをトラッシュしなければ、ジオテックシステムのためのエネルギーが足りないことがある。必ずしも逃げるエネルギーを減らすことが有利にならないので覚えておこう。

採用カード紹介

メタグロスGX

メタグロスGX

このデッキのメインアタッカーにしてメインシステム。HP250の高耐久とジオテックシステムで場を作っていく。

ワザ、ギガハンマーはなかなか使いにくいワザだが、複数体メタグロスGXを場に出しながらカバーしていこう。

ウルトラネクロズマGX

ウルトラネクロズマGX

このデッキの高火力枠。メタグロスGXの数だけダメージを上げることができる。

また、ギガハンマーの150ダメージとめつぼうのひかりGXの60ダメージを合わせて210、ちょうど多くの1進化GXポケモンを倒すことができる程度のダメージラインにすることができる。後半に積極的に狙っていきたい。

ネクロズマたそがれのたてがみ

ネクロズマ

このデッキのサブアタッカー。特に序盤に上述の60+150のダメージを出すために1エネルギーで使うことができるたそがれのだんがんが非常に強力。

相手のサイドが残り1枚になったときに大ダメージを出すことができる。逆転の一発に使っていこう。

メタグロスGXはGXスタートデッキに入っており、また、このデッキに入っているほとんどのポケモンがウルトラシャイニーに収録されている。ぜひ組んでほしい。

【SMレギュレーション】ポケモンカードのデッキレシピ一覧!
SMレギュレーションで使用できるデッキレシピを丁寧な解説付きでご紹介!ポケモンカード初心者の方々は是非参考にしてみてください!