【ジラーチ+ジュゴン+プテラ】ジムバトル3位のデッキレシピを解説!

ジラーチ+ジュゴン+プテラ

デッキ解説

今回は最新弾からジュゴンを使った、ジムバトル3位のデッキレシピを紹介します!

ジュゴンと一緒にトリプル加速エネルギーを共有することができるプテラを採用。

相手のデッキを見ながらアタッカーを切り替えていく。

また、溶接工とダブル無色エネルギーを採用して、トリプル加速エネルギー以外でも1ターンで攻撃をすることができるようになっている。

必要予算

大まかな必要予算17350円

デッキの回し方

まずはジラーチを前にしてデッキを回していこう。特にプテラはハイパーボールでサーチすることができない、なぞの化石から主に進化するので、積極的にジラーチで持ってきたい。

序盤はジュゴン、中盤から後半はプテラで攻めるのが理想だ。

溶接工を使うとき、つける炎エネルギーは1枚で十分。あとはダブル無色エネルギーで攻撃していこう。

プテラは3エネルギーで180ダメージと、かなりの火力を出してくれる。ジュゴンと合わせてタッグチームを2撃で倒していこう。

採用カード紹介

ジラーチ

ジラーチ

デッキを回すポケモンとして採用。ブルーの探索と悩んだが、メタモン◇を採用するので、ジラーチで回すことに。特になぞの化石に触ることができる貴重なカードなので、大事に特性を使っていきたい。

 

ジュゴン

ジュゴン

トリプル加速エネルギーで相手のポケモン2体に60ダメージ、多くの進化前のたねポケモンを倒すことができる。タッグチームもプテラと合わせて2撃圏内に入れることができるので、長期的に見ながらダメージを振り分けていきたい。

プテラ

プテラ

このデッキのメインアタッカー。3エネルギーで180ダメージを与えることができる。耐久に難があるので、すぐに次を準備できるようにジラーチでどんどんなぞの化石を置いておこう。

最後に

溶接工の使い方がカギだ。負けた試合はギラティナスタートからがん事故、ギラティナを倒された後にジラーチのねがいぼし2回でドローサポートに触れず、そのまま負けたので、トラッシュする手段も少なく、使いにくいのでギラティナは抜いたほうがいいかもしれない。

入れたいのはねがいぼしからトリプル加速エネルギーに触ることができる「エネくじ」などだろう。

非GXのわりにパワーがあるので、ぜひ改良して使ってほしい!